海、それは私たちの魂の中にある

漁業コミュニティーは、何千年もの間、ノルウェーの魂そのものでした。私たちには祖先の匠の技と知識が受け継がれています。そして長い年月をかけて技能と慣習は更に磨きがかけられ、ノルウェーの水産物を最高の品質に仕上げてきました。

さばはノルウェーの歴史に古くから関与しています。ラルビーク付近のKaupang(ケウパン)という地で行われた考古学の発掘から、ヴァイキングたちも美味しいさばを好んで食べていたようです!

1500年代に実在したPeder Claussøn Friis司祭が残した“Norges beskrivelse”という書籍には、当時から釣り針や釣り糸、巾着網などを利用しさば漁業を行っていたと記されています。また、「さばは脂が乗っていて、とても味わい深く、美味しい魚である」との記載も残っています。

夏の味覚

さばはノルウェーにとって、文化的にも経済的にもとても重要な部分を占めています。特に、さばが多く生息しているノルウェー南部の沿岸地域ではさばは生活の一部となっており、「南ノルウェーの”国魚”」とされています。

ノルウェーでは、さばは古くから夏が旬の魚として知られています。夏になると一斉に北を目指し泳ぐのですが、その際ノルウェーの岸に近づきます。巾着網が発明される前までは、ノルウェー岸にさばが一番近づくこの時期が、さばの漁獲に最も適しているとされていました。技術が発展した現在では、さばの漁獲のシーズンは秋になりましたが、昔の名残から、ノルウェー人にとってさばは今も「夏の味覚」として親しまれています。

19世紀半ばには、さばはノルウェー人の中心的な食材でしたが、鮮魚が富裕層でなければ手に入らない高級品であったころに、一般の人々は、塩漬けや燻製、または保存食のさばを食べていました。当時は濃い塩水に魚を漬ける保存方法が主流で、さばは大きな樽の中で保存されていました。多くノルウェー人が冬にむけて樽一杯のさばを貯蔵していたようです!

スプラット:新たな冒険の幕開け

1890年後半に、ノルウェーの漁師にとって大きな変化がありました。缶詰工場が導入されたのです。スプラット(ニシン科の小形種)は、ブランド化されたパッケージを飾る缶詰の主役となり、この新らたな活気に満ちる産業の屋台骨となりました。後に、小形のニシンもスプラットとともに缶詰産業の重要な製品となりました。後に、小形のニシン、そしてさばもスプラットとともに缶詰産業の重要な製品となりました。この頃に缶詰で誕生したさばのトマトソース漬けは、今なおノルウェーのサンドウイッチの定番になっています。

1920年代には、スタヴァンゲルに70前後の工場が存在するようになり、ノルウェーの缶詰産業で最も際立った都市となりました - 今日、スタヴァンゲルには缶詰産業専門の博物館があるほどです!

さば漁業の進化

boats

さばは、季節によって生息地が変わる遠海魚です。一年を通して栄養価の高いさばを食卓に提供できるよう、ノルウェーの漁師達は古くから知恵を絞り、季節によるさばの漁業術を生み出してきました。

春に、さばがノルウェー南部のスカゲラク海峡を通るときは、刺し網漁船で漁獲します。夏は、ノルウェー沿岸を通るので、曳縄漁船を使った漁をします。秋にはボートで沖に繰り出し、手釣り漁とよばれる方法で北海に逃れるさばを漁獲しました。

19世紀後半になると、北海にもさば漁業に繰り出すようになりました。この時期のさばは、特に栄養価が高く、一層味わいの深い“秋さば”として知られています。 それまで曳網釣りで漁を行っていましたが、20世紀中盤に登場した巾着網の漁法に置き替わっていきました。

巾着網漁法の導入

ノルウェーは、常に漁業技術の先端を走ってきました。そして、1940年代には、巾着網漁法の採用で、より効率の良い時代へと移って行きました。強力な漁獲が可能になったおかげで、ノルウェーのさば産業は再び急成長期を迎えました。この頃のナイロンの導入により、漁網の損傷が少なくなり、成長は更に加速化されたのです。

Infographic showing a boat with a purse seine

1962年には、巾着網に特化した巻き網漁船が開発されました。この巻き網漁船は遠洋での巾着網による漁業を可能にし、さらに漁業の幅も拡大したことから、ノルウェーの漁業は新時代を迎えることになりました。 約500隻の巻き網漁船が造船された1966年は、ノルウェー漁業市場最大の転換期であったとされています。その後、ノルウェー政府が課した基準や規制に従いながら漁業の枠を広げていったノルウェーの巾着網巻き網漁船団は、今では世界有数の効率を持つ漁業船団として認知されるまでになりました。

未来のために

ノルウェーの漁業は、過去の歴史であるばかりではありません。テクノロジーや漁獲方法の革新、国際関係により、ノルウェーは以前に増して経済的にさばに頼るようになっています。漁獲したさばの総量のうち、実に98%は国外に輸出されます。

ノルウェー特有の自然、文化、そして資源管理の連携により、ノルウェーの水産物は、国際市場でも世界レベルの製品となっています。2015年、ノルウェーのシーフードの輸出高は745億ノルウェークローネ(NOK)で、その内、さばは38億ノルウェークローネ(NOK)でした。

2015年度、シーフード部門におけるノルウェーの輸出総額は745億NOK(ノルウェークローネ)でした。

Infographic: fish with export value Norwegian mackerel

さばの輸出額