世界に発信する

毎日、約3700万食ものノルウェー産シーフードが世界各地で消費されています。消費者の皆様が安心して食事を楽しめるように、食品の起源を明確にし、ノルウェー産のシーフードが世界も最も良質であることを周知させることが私達ノルウェー水産物審議会の使命です。協働マーケティング行為や積極的な情報活動、輸出シーフードの傾向や開発のモニタリング等、NSCは、ノルウェーのシーフードを知らしめるお手伝いをしています。

NSCとは?

通商産業水産省(Ministry of Trade, Industry and Fisheries)が所管するNSCは、ノルウェー産シーフードに対する需要と消費の拡大を図ること、並びに新市場の開発の責任を負っています。私たちは、ノルウェーのシーフード産業に携わるすべての者を代表しており、すべての輸出されるノルウェー産シーフードの課せられる税金で賄われています。

NSCの本部はトロムセ(Tromsø)に所在し、ノルウェー産シーフードにとって重要なマーケットである、スウェーデン、ドイツ、英国、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ブラジル、日本、中国、シンガポール、米国の12か国に地方事務所を構えています。

水産物審議会では、評判のリスクマネージメントに高い優先度を置いています。水産物協議会は、ノルウェーの水産業と養殖業に関する正しく、最新の情報を発信しています。

ノルウェー水産物審議会はノルウェー産シーフードが世界中で愛されることを願っています。

またノルウェーの持続的漁業へのアプローチにより、世界中の人々がノルウェー産さばの美味を楽しむことができるという事実、そしてなぜノルウェー産が高品質であるかを理解していただくことがNSCの役目なのです。

私たちは多様な業務を行っています。私たちは、ノルウェー産シーフードの販売を支援し、需要を拡大し、輸出業者自身の販促活動を支援しています。また、統計、傾向、業界情報の提供により業界に関する洞察を提供しています。

消費者向け、業界向けのPRを作成、ノルウェーブランドを作り上げ、ジャーナリズム、業界内部、および影響力のあるキーパーソンへの働きかけをすることも私たちの仕事です。プレス向けの取材旅行から、事例研究まで、そして輸出成果の頻繁な公表など、私たちは、ノルウェーのシーフードを世界的に知らしめるためにできる限りのことに全力を尽くしています。