ノルウェー: さば ラテン: スコンバー スコランブラス

ノルウェーの海岸線は広大です – 南のスカゲラク海峡から、北の冷たく澄んだバレンツ海に及びます。気候も水のきれいさに相まって、魚にとって理想的な環境を創り出してきました。

さばの見つけ方

さばはとても速く泳ぐ魚です。実際に、多くの魚が持つ鰾と呼ばれる浮き袋のような臓器がないため、沈まないように泳ぎ続けるのです。またさばは特徴的な体型と色を持っていることから、見つけやすい魚種であると知られています。さばの魚体は丸みをおびており、胴部には緑と青の横線を基調として、まだら模様のような縦縞が不規則に背中にむかって伸びています。また細かな鱗のおかげで、シルクのように滑らかな肌をしています。

Many mackerel

さばについて

寿命    25年まで

体長    65 cmまで

重さ     3.5kgまで

さばの種類

Whole mackerel

さばは遠海魚です。この名前は、この魚が生息する海の位置が由来です。海底付近でも、沿岸でもありません。遠海魚の大きさはまちまちです。ニシンやイワシなどの小形の種から、南洋クロマグロやメジロザメのような大形の捕食魚までがこの部類に入ります。遠洋魚の多くは、何百トンにも及ぶほどの規模の群れで流線型を保つことによって、高速で泳ぐことを可能にしています。

Pelagic species common in Norway: Mackerel, herring, and blue whiting. Smaller populations: sprat and horse mackerel.

底魚と比べ、遠洋魚は回遊時の移動距離が長くなる傾向があるため、さばなどの遠洋魚の行動範囲は広くなります。様々な海に生息しているさばですが、ノルウェー海ほど低水温で透き通るような良質な海水を持つ海は他にありません。

漁獲に最も適した時期

さばの水揚げに最も適している時期は、ノルウェー海から産卵域へさばが戻る9月から11月までです。この時期に獲れるさばは最も脂がのり、オメガ-3脂肪酸などの栄養価も存分に含んでいるため、最もおいしくいただくことができます。特に、ノルウェー産の脂量は断トツで、高品質として世界で知られています。

さばの栄養価やさばの漁獲シーズンについてさらに詳しく知りたい方は、それぞれのページからご覧ください。