乱獲は決して行いません

私たちは、目の前に豊かな海岸があることが、どれほど幸運なことなのかを知っています。ノルウェーを取り巻く冷たく澄んだ海は生命に満ちており、この貴重な資源を中心に広がっている大都市も存在します。しかし、恩恵には重大な責任がつきものです。次世代のために魚資源を守ることが、私たちの使命なのです。

年間漁獲割当

年間漁獲割当は生息数の水準に応じて設けられ、諸外国との交渉に加えて規制協議会、ノルウェー漁業管理庁その他機関からの助言を考慮して決定されます。

ご覧の通り、どちらのさばも漁獲量が厳格に管理されています。

ノルウェー漁業局

 

2016年のさば漁獲割当は201,663トンです。この割当は船舶の大きさと漁具の種類で決まります。

欲張らず、そして無駄にせず

漁獲割当の決まりは単純明快。割当量に達した時点で漁をやめます。

ノルウェーの総許容漁獲数量(TAC)は漁船の種類ごとに配分されます。この比率は過去の手数料などに基づいていますが、定期的に見直され、最近では2007年に見直しが行われました。

漁船別割当(IVQ)

IVQは免許や年間許可証を保有する漁船ごとに発行されます。そうすることで、グループ全体の一定割合が保証されます。

最大漁獲割当

漁船の大きさや漁獲効率が多様な開放漁場の船舶に適用されます。個々の漁船の到達状況に関わらず、グループの枠の上限に達すると漁をやめます。

割当の移動や共有

漁船が割り当てられた枠の超過を防ぐために、条件付きで漁船間の割当の移動を認めています。

単位割当制度 (UQS)

小型船向の制度です。2艘所有している場合、所有者は片方からもう一方に割当を移動することが出来ます。一方の漁船が故障した場合、もう一方で当該期間の全割当、もしくは割当の一部を無期限で獲ることが可能です。 

構造割当制度 (SQS)

2004年に大型の内航船向けに導入され、2艘の所有者に相互の移動を認めます。

割当交換制度(QES)

一定期間に限り、二人の船主が共同で片方の船で漁をすることを認めます。この協定は遠洋漁船がQES制度に加えられた2005年に制定されました。